HOME > アーティストファイル > でんでん

でんでん

出演スケジュール

テレビ

7月21日(木)22:00
 CX「営業部長 吉良奈津子」第1話

8月3日(水)22:00
TX「孤独のグルメスペシャル! 真夏の東北・宮城出張編」公式HP

今秋放送
EX「狙撃」公式HP

2017年大河ドラマ
「おんな城主 直虎」 トピックス

映画

3月5日公開
「ぼくが命をいただいた3日間」公式HP

4月2日よりレイトショー公開
「下衆の愛」公式HP

11月26日公開
「疾風ロンド」公式HP

2017年夏公開
「忍びの国」公式HP

CM

東京ガス

プロフィール

でんでん Denden
1950年1月23日、福岡県出身。渥美清さんに憧れ弟子入りしたく高校卒業後上京。
もちろん不可。
30歳の時、素人でも参加できるお笑いスター誕生で『みんな!ハッピーかい?』等のネタで8週勝抜きを果たした。このテレビ初登場をきっかけに新進のコント作家、構成作家であった水谷龍二さんと出会い、以後水谷作品(舞台、TVドラマ)に欠かせない役者となる。と、同時に脚本家松原敏春さんとも出会い、TVドラマはじめ、舞台「渾身愛」三部作(`89年)、「流水橋」(`92年 芸術座 森光子主演)などでお世話になった。水谷龍二作・演出作品では「ある晴れた日の自衛隊」シリーズ(`94年~`99年)、「星屑の町」シリーズ(`94年~`08年)、明治座「居残り佐平次」(`02年)、「火焔太鼓」(`05年)、「うそつき弥次郎」(`07年)など、ほとんどの作品に登板。また、明治座出演作品には`09年「三平物語」(作 金子成人、演出 水谷幹夫)がある。
久世光彦さんのTVドラマにも数多く出演し、久世さん演出の新橋演舞場「浅草パラダイス」シリーズ(`98年、`00年、`01年)にも参加。永井愛さん作・演出作品に「やわらかい服を着て」(`06年 新国立劇場)、「かたりの椅子」(`10年 世田谷パブリックシアター)。「ストリッパー物語」(`13年 三浦大輔演出 東京芸術劇場シアターイースト)、「悲しみよ、消えないでくれ」(`15年 モダンスイマーズ公演、蓬莱竜太作・演出、東京芸術劇場シアターイースト)、星屑の会「星屑の町~完結篇」(水谷龍二 作・演出 本多劇場他)

映画デビュー作は`81年「の・ようなもの」(森田芳光監督)の二ツ目落語家、
近年の主な出演作に
`06「雪に願うこと」(根岸吉太郎監督)の帯広挽曳競馬厩務員、
`08「クライマーズハイ」(原田真人監督)では整理部かくさんを演じ、高い評価を得る。
`07「パッチギ!LOVE&PEACE」(井筒和幸家督)では、あくの強いプロダクション社長、
`08「母べえ」(山田洋次監督)では、ヒロイン吉永さんに思いを寄せる町会長、
`08「トウキョウソナタ」(黒沢清監督)では、リストラされ妻に内緒で清掃員をしている男、
`08「TOKYO!インテリアデザイン」(ミッシェル・ゴンドリー監督)では修理工、
`08「歓喜の歌」(松岡錠司監督)では、胡散臭い詐欺師まがいのヒモ役、
`08「ちゃんと伝える」(園子温監督)では、田舎の社会科高校教師、
`09「蟹工船」(SABU監督)では、お坊さん、
`09「ゴールデン・スランバー」(中村義洋監督)では、お巡りさん、
`10「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(三浦大輔監督)では、しがない玩具会社の課長、
`10「イエローキッド」(真利子哲也監督)では、ボクシングジム会長、
`10「座頭市 THE LAST」(阪本順治監督)では、貧しい半農半漁の村民、
`10「悪人」(李相日監督)では、タクシー運転手、
`10「月と嘘と殺人」(高橋正弥監督)
`11「死にゆく妻との旅路」(塙 幸成監督)
`11「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」(本田隆一監督)
`11「犬飼さんちの犬」(亀井亨監督)
`11「大鹿村騒動記」(阪本順治監督)
`11「神様のカルテ」(深川栄洋監督)
`11「極道めし」(前田哲監督)
`11「CUT」(アミール・ナデリ監督)
`12「ヒミズ」(園子温監督)
`12「劇場版SPEC~天~」(堤幸彦監督)
`12「まだ、人間」(松本 准平監督)
`12「ライク・サムワン・イン・ラブ」(アッバス・キアロスタミ監督)
`12「希望の国」(園子温監督)
`12「その夜の侍」(赤堀雅秋監督)
`13「鈴木先生」(河合勇人監督)
`13「ひまわりと子犬の7日間」(平松恵美子監督)
`13「二流小説家」(猪崎宣昭監督)
`13「地獄でなぜ悪い」(園子温監督)
`13「清須会議」(三谷幸喜監督)
`15「極道大戦争」(三池崇史監督)
`15「家族ごっこ」(内田英治監督)
`16「の・ようなもの のようなもの」(杉山泰一監督)
`16「信長協奏曲」(松山博昭監督)

 


TVでは、
`09「湯けむりスナイパー」(テレビ東京)では、秘境のひなびた温泉宿の番頭さん
`09「深夜食堂」(TBS)では、元床屋のホームレス
`10「咲くやこの花」(NHK 土曜時代劇)では、長屋の店子おもいの大家さん
`10「チームバチスタ2 ジェネラルルージュの凱旋」(フジテレビ)では、末期癌と宣告され煩悶し続けた後に親子の絆を取り戻すも、組織に利用され抹殺された男。
`11「冬のサクラ」(TBS)
`12「ビューティフルレイン」(CX)
`12「葬儀屋松子の事件簿」シリーズ(TX)
`13「あまちゃん」(NHK連続テレビ小説)
`13「TAKEFIVE」(TBS)
`14「緊急取調室」(EX)
`14「TEAM」(EX)
`14「ゼロの真実」(EX)
`14「信長協奏曲」(CX)
`14「霧の旗」(EX)
`15「ド根性ガエル」(NTV)
`16「ゆとりですがなにか」(NTV)

その独特の存在感と持ち前のキャラクターは、どの役柄にもリアリティーを持たせ、映像作品にも欠かせない俳優として活躍している。

特筆すべきは2011年公開予定、園子温監督「冷たい熱帯魚」である。でんでんはこの作品で、にこやかな笑顔でカリスマ性を持つ熱帯魚店経営者、しかし正体は、金を搾取した後いとも簡単に殺人を繰り返す常軌を逸した男を、人間存在の闇もかくあるか?とばかりに引きずり出し、剥き出しに演じた。この作品は本年度ベネチア映画祭オリゾンティー部門で上映され6分間のスタンディングオベイションという大絶賛を受けた。
第36回 報知映画賞助演男優賞受賞 受賞インタビュー
第33回 ヨコハマ映画祭助演男優賞受賞
第85回 キネマ旬報助演男優賞受賞
第35回 日本アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞
第66回 毎日映画コンクール男優助演賞受賞
第21回 東京スポーツ映画大賞助演男優賞受賞
第16回 日本インターネット映画大賞助演男優賞受賞
2011年度全国映連賞男優賞受賞

ARTIST FILE|アーティストファイル

でんでん

Shot of Works