HOME > アーティストファイル > 浜田 学

浜田 学

出演スケジュール

テレビ

5月29日(日)22:30
NTV「ゆとりですがなにか」第7話
 

 7月10日(日)22:00
WOWOWプライム「沈まぬ太陽」第9話 
 

映画


「愛∞コンタクト」
(『LOVE REVOLUTIONS』に出演)
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016にて上映


 

舞台

9月9日(金)~19日(月) 東京芸術劇場シアターウエスト
地人会新社 第5回公演「テレーズとローラン~エミール・ゾラ『テレーズ・ラカン』より」
翻案・演出 谷賢一

プロフィール

浜田学 Hamada Manabu

1976年3月14日、東京都出身。

小学校から高校時代まで、9年間野球部に在籍。1995年文学座養成所入所。

在籍中の’97年に「太陽にほえろ」の復活版「七曲署捜査一係」で新人刑事役(通称ダンク)でデビュー。

’98年に文学座を退所。以後、映画、TV中心に様々な役柄を演じる。

TVでは、’03年大河ドラマ「武蔵」(NHK)の宝蔵院胤瞬役にて市川海老蔵(当時新之助)演じる武蔵と対決する僧侶を演じ注目を浴びる。同年、テレビ朝日開局45周年記念ドラマスペシャル「流転の王妃・最後の皇弟」(EX)では中国革命の志士を演じる。

翌年の昼ドラ「永遠の君へ」(CX)でヒロインの相手を務めるが、それまで刑事、ヤクザ、テロリスト、侍など男くさいドラマ、役が多かったが恋愛ドラマの二枚目役に初挑戦。

その後、本人の色々な人間を演じたいとの思いから、二枚目路線に傾くこともなく様々な役に挑戦する。その中でも「零のかなたへ~THE WINDS OF GOD~」(’05年EX 文化庁芸術祭テレビ部門優秀賞受賞)のキリスト教信者の特攻隊員役、「アウトリミット」(’05年WOWOW)のホモの狂気の殺し屋役などが印象に残る。

またドキュメンタリー「絵金伝説~幕末土佐を生きた闇の絵師~」(’09年 NHK-BShi 第26回ATP賞テレビグランプリ2009 情報バラエティ部門優秀賞受賞)では、絵金役を演じ、ナレーションと番組ガイドもつとめる。

本年の大河ドラマ「龍馬伝」(’10年 NHK)では、初めて坂本龍馬を小説にした実在の人物、坂崎紫瀾役を一年に亘って演じている。

近年、舞台にも再進出し「バーム・イン・ギリヤド」(’08年 演出ロバート・アラン・アッカーマン 新宿シアターモリエール)では極悪非道な薬の売人、ジャンキーをとことん追い詰め骨抜きにし、自分自身をも薬に蝕まれていく人物を演じる。

以降、コンスタントに舞台の出演も増える。

 

主な映画出演作

’00年「新・仁義なき戦い」(阪本順治監督)

’03年「裁判員~決めるのはあなた~」(石橋冠監督)

’07年「パッチギ!LOVE & PEACE」(井筒和幸監督)

’08年「陰日向に咲く」(平川雄一郎監督)

’08年「ラストゲーム最後の早慶戦」(神山征二郎監督)

’08年「ボディ・ジャック」(倉谷宣緒監督)

’09年「花婿は18歳」(武正晴監督)

’12年「マイウェイ 12.000キロの真実」(カン・ジェギュ監督)

 

最近の主なTV出演作

’06年「功名が辻」大河ドラマ 祖父江新一郎役(NHK)

’06年「嫌われ松子の一生」(TBS)

’08年「刑事の現場」(NHK)

’09年「刑事一代平塚八兵衛の昭和事件史後篇」(EX)

’09年「絵金伝説~幕末土佐を生きた闇の絵師~」(NHK-BShi)

’09年「ギネ」(NTV)

’10年「龍馬伝」大河ドラマ(NHK)

’11年「真珠湾からの帰還」(NHK)

’12年「みをつくし料理帖」(EX)

ARTIST FILE|アーティストファイル

浜田 学

Shot of Works

浜田 学大河ドラマ「江」真田幸村 役

大河ドラマ「江」真田幸村 役