HOME > アーティストファイル > 大鷹 明良

大鷹 明良

出演スケジュール

テレビ

8月6日(日)10:00
EX「おかしな弁護士」

映画

10月7日公開
「アウトレイジ 最終章」

10月7日公開
「ナラタージュ」

舞台

10月 新国立劇場中劇場
「トロイ戦争は起こらない」公式HP
 

プロフィール

大鷹明良 Ohtaka Akira

 

演劇舎蟷螂出身。演出家・佐藤信に見出され、黒テント公演「荷風のオペラ」(’92)などで注目を集める。その後、TPT芸術監督デヴィッド・ルヴォー演出「あはれ彼女は娼婦」(’93年)、「チェンジリング」「三人姉妹」(’95年)、ガジラ鐘下辰男作・演出「PW」(’97年)、「tatsuya」(‘99年)、二兎社永井愛作・演出「萩家の三姉妹」(’00年)などの作品で着実に、高い評価を得ていく。

’03年、故・井上ひさし作品に初出演、「兄おとうと」を始め、「箱根強羅ホテル」(’05年)、「私はだれでしょう」(’07年、’17年)、「夢の裂け目」(’09年)、「黙阿弥オペラ」(’10年)、「藪原検校」(’12年,’15年)と、井上作品に欠くことの出来ない俳優の一人となる。

近年は、多くの演出家から熱いオファーを受け、多くの作品に出演。「浮標」(’03年)、「氷屋来たる」(’07年)、「眉山」(’07年)、「炎の人」(’09年、’11年)、「りんご」(’10年)、「太陽に灼かれて」(’11年)(以上、演出・栗山民也)、「ウインズロー・ボーイ」(’05年)、「ローゼ・ベルント」(’08年)(以上、演出・坂手洋二)、「第32進海丸」「奇跡の人」(’06年)(以上、演出・鈴木裕美)、「どん底」(’08年)、「東京月光魔曲」(’09年)「龍を撫でた男」(’11年)、「祈りと怪物」(’12年)(以上、演出・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)「その族の名は「家族」」(’11年演出 岩井秀人)「グレンギャリー・グレン・ロス」(’11年演出 青山真治)「ハムレット」('13年演出・多田淳之介)「あかいくらやみ~天狗党幻譚」(’13年演出 長塚圭史)、「エドワード二世」('13年演出・森新太郎)「東海道四谷怪談」('15年演出 森 新太郎)、「大逆走」('15年作・演出赤堀雅秋)、「あわれ彼女は娼婦」('16年演出 栗山民也))、「春のめざめ」(’17年 白井晃演出)、「チック」(’17年 小山ゆうな演出)。また、外国人演出家からの信頼も厚く、「ソウル市民」(’05年 演出・フレデリック・フィスバック)、「山の巨人たち」(’08年 演出・ジョルジュ・ラヴォーダン)、「るつぼ」(’16年 演出 ジョナサン・マンビイ)がある。

また、最近では、映像での評価も高く、「黒部の太陽」(’09年CX)、「空飛ぶタイヤ」(‘09年WOWOW)、「わたしが子どもだったころ・藤原新也」(’10年NHK)、「運命の人」(’11年TBS)、プレミアムドラマ「生涯ライバル 兄・長門裕之×弟・津川雅彦」(’12年NHK)、 「はつ恋」(’12年NHK)、「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂~」(’12年NHK)、 「私という運命について」(’14年WOWOW)、「風の峠」「雲霧仁左衛門」(’15年NHK)、「下町ロケット」(’15年TBS)、「伝七捕物帳」(’16年NHK)、映画「罪とか罰とか」(’09年ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督)「踊る大捜査線 THE MOVIE3」(’10年本広克行監督)「ぼくたちの家族」(’14年石井裕也監督)「バンクーバーの朝日」 (’14年監督・石井裕也)、「深夜食堂」(’15年 監督・松岡錠司)、「闇金ウシジマくんthe Final」(’16年監督・山口雅俊)「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(’16年 監督・三木孝浩)などがある。

ARTIST FILE|アーティストファイル

大鷹 明良

Shot of Works