HOME > アーティストファイル > 高橋 和也

高橋 和也

出演スケジュール

テレビ

NHK大河ドラマ「真田丸」
第25回より登場
宇喜多秀家役 公式HP

映画

2017年公開
「あゝ、荒野」ニュース

CM

三共 WEBムービー お父さんみたいに

「TOYOTA GAZOO Racing 5大陸プロジェクト」
『タクシーの男』篇 
 

プロフィール

高橋和也 Takahashi Kazuya
1969年5月20日、東京都出身。
1988年男闘呼組として音楽デビュー、男闘呼組主演の映画に`88年「ロックよ 静かに流れよ」(長崎俊一監督)、また舞台では`90年「ペールギュント」(蜷川幸雄演出 青山劇場)`93年「スラブボーイズ」(ロバート・アラン・アッカーマン演出 パルコ劇場)等がある。
`93年解散後、1年近くのアメリカ放浪の旅の後、`94年舞台「NEVER SAY DRAEM」(栗山民也演出 シアターコクーン)、映画「KAMIKAZE TAXI」(原田真人監督 役所広司主演)で俳優活動を本格的に開始。以後、その確かな演技力によって、舞台、映画、TVにと幅広く活躍。
また、ラジオドラマ、韓国ドラマの吹き替え(イ・ビョンホンの声等)、文学作品の朗読、ナレーションなど声の仕事でも活躍している。
音楽活動もライブハウス中心にマイペースで続けている。

主な出演作品
【TV】
‘96年「ひとり暮らし」(TBS)
‘97年「寺子屋ゆめ指南」金曜時代劇22本連続ドラマ主演(NHK)
‘98年「やんちゃくれ」連続テレビ小説(NHK)
‘00年「次郎長三国志」新春12時間超ワイドドラマ(TX)
‘00年「盤獄の一生」(市川崑演出 CX)
‘01年「青空のタンゴ」(久世光彦演出 NHK)
‘05年「秘太刀馬の骨」(NHK)
‘06年「純情きらり」連続テレビ小説
‘06年「風林火山」大河ドラマ
‘08年「柳生一族の陰謀」(ANB)
‘09年「兄帰る」(WOWOW)
‘09年「松本清張ドラマSP 顔」(NHK)
‘10年「赤かぶ検事京都篇」ゲスト(TBS)
‘10年「警部補矢部謙三」ゲスト(EX)
‘11年「テンペスト」(NHK)
‘12年「薄桜記」(NHK)
‘12年「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂」(NHK)
‘13年「とんび」(TBS)
‘13年「あさきゆめみし」(NHK)
‘13年「雲切仁左衛門」(NHK)
‘14年「リーダーズ」(TBS)
‘14年「ルーズヴェルト・ゲーム」(TBS)
‘14年「ドクターX~外科医・大門未知子」(EX)
‘15年「風の峠~銀漢の賦」(NHK)
‘15年「神谷玄次郎捕物控2」(NHK)
‘15年「64」(NHK)
‘15年「時代をプロデュースした者たち~半歩だけ先を行け 芸能プロデューサー・渡邊晋」(NHK)
‘16年 「撃てない警官」(wowow)
 


【映画】
‘88年「ロックよ静かに流れよ」(長崎俊一監督)
‘94年「KAMIKAZE TAXI」(原田真人監督)
‘94年「通天の角」主演(祭主恭嗣監督)
‘94年「東京デラックス」(崔洋一監督)
‘95年「南の島に雪が降る」主演(水島総監督)
‘96年「八つ墓村」(市川崑監督)
‘97年「マルタイの女」(伊丹十三監督)
‘00年「おしまいの日」主演(君塚匠監督)
‘02年「Hush!」主演(橋口亮輔監督)
‘02年「RUN2U」韓国映画 主演(カン・ジョンス監督)
‘02年「魔界転生」(平山秀幸監督)
‘02年「星に願いを。」(冨樫森監督)
‘07年「日本の青空」主演(大沢豊監督)
‘07年「幽霊VS宇宙人」主演(豊島圭介監督)
‘08年「歩いても歩いても」(是枝裕和監督)
‘08年「ボディ・ジャック」主演(倉谷宣緒監督)
‘10年「必死剣鳥刺し」(平山秀行監督)
‘12年「EDEN」(武正晴監督)
‘13年「ジンクス!!」(熊澤尚人監督)
‘15年「そこのみにて光輝く(呉美保監督)
※第29回高崎映画祭助演男優賞受賞
‘15年「きみはいい子」(呉美保監督)
‘16年「ぼくが命をいただいた3日間」(工藤里紗監督)
‘16年「太陽」(入江悠監督)


【舞台】
‘90年「ペールギュント」(東宝特別公演 演出 蜷川幸夫 青山劇場)
‘92年「1992・待つ」(THE NINAGAWACOMPANY公演 演出 蜷川幸夫 ベニサンピット)
‘92年「恋と革命/学習大学の校舎裏」主演(Cカンパニープロデュース公演 演出 坂元裕二 シアターサンモール)
‘93年「スラブボーイズ」演出/ロバート・アラン・アッカーマン(PARCO劇場)
‘94年「NEVER SAY DREAM(演出 栗山民也 シアターコクーン)」
‘94年「ラブレターズ」(演出 青井陽治 パルコスペース3)
‘95年「ジェミニ/裏庭は大騒ぎ」主演(演出 青井陽治 三越劇場)
‘95年「椿姫」(演出 宮本亜門 PARCO劇場)
‘95年「エンジェルス・イン・アメリカ①②」(演出 ロバート・アラン・アッカーマン セゾン劇場)
‘98年「ホームレス・ハート」主演(演出 水谷龍二 紀伊国屋サザンシアター他)
‘98年「娘に祈りを」(tpt)(演出 ロバート・アラン・アッカーマン ベニサンピット)
‘99年「橋からの眺め」(tpt)(演出 ロバート・アラン・アッカーマン ベニサンピット)
‘99年「少年H」(演出 栗山民也 新国立劇場)
‘00年「連鎖街のひとびと」(演出 鵜山仁 紀伊國屋ホール)
‘01年「蜘蛛女のキス」(演出 ロバート・アラン・アッカーマン ベニサンピット)
‘01年「泣き虫なまいき石川啄木」主演(演出 鈴木裕美 新宿紀伊国屋ホール)
‘02年「浅草・花岡写真館」(演出 木村光一 紀伊國屋サザンシアター)
‘02年「Japes 記憶の凄む家」(演出 宮田慶子 パルコ劇場他)
‘03年「スリーデイズ・オブ・レイン」(演出 鵜山仁 俳優座劇場他)
‘03年「三人吉三東青春」(演出 松村武 明治座)
‘04年「一天地六~幕末新宿遊侠伝~」(演出 水谷龍二 新宿花園神社)
‘04年「怒りをこめてふり返れ」主演(演出 木村光一 紀伊國屋ホール)
‘05年「花咲く港」(演出 鵜山仁 新国立劇場)
‘05年「グリマーアンドシャイン」(演出 宮田慶子 紀伊國屋ホール)
‘05年「写楽考」主演(演出 マキノノゾミ シアター1010)
‘05年「中也が愛した女~いかに泰子いまこそは~」主演(演出 西川信廣 紀尾井ホール)
‘06年「サムワン」(演出 松本祐子 俳優座劇場)
‘06年「獅童流 森の石松」(演出 本木克英 新橋演舞場)
‘07年「眉山」(演出 栗山民也 明治座)
‘08年「風林火山」(演出 石川耕士 日生劇場)
‘08年「1945」(演出 ロバート・アラン・アッカーマン 世田谷パブリックシアター)
‘09年 真心一座身も心も「流れ姉妹かつことたつこ」(演出 河原雅彦 本多劇場他)
‘09年「蜘蛛の巣」(演出 大谷亮介 ル・テアトル銀座)
‘09年「眉山」(演出 栗山民也 明治座)
‘09年、’12年「按針」(演出 グレゴリー・ドーラン 銀河劇場)
‘10年「モリー先生との火曜日」(演出 高瀬久男 本多劇場)
‘10年「イリアス 怒りと戦争と運命についての叙事詩」(演出 栗山民也 ル・テアトル銀座他)
‘11年「血の婚礼」(演出 蜷川幸雄 にしすがも創造特設劇場 他)
‘12年「テキサス」(作 長塚圭史 演出 河原雅彦 PARCO劇場 他)
‘15年「嵐が丘」(演出 G2 日生劇場)
‘16年「オーファンズ」(演出 宮田慶子 東京芸術劇場シアターウエスト 他)
‘16年「御宿かわせみ」(演出 G2 明治座)
‘16年 こまつ座「紙屋町さくらホテル」(演出 鵜山仁 紀伊國屋サザンシアター)


主な吹き替え
【韓国ドラマ】
‘03年~04年「美しき日々」(アテコレ イ・ビョンホンの声 BS-2)
‘04年「オールイン」(アテコレ イ・ビョンホンの声 BS-2)
【韓国映画】
‘04年「純愛中毒」ビデオ日本語吹替版(アテコレ イ・ビョンホンの声)
‘04年「我が心のオルガン」日本語吹替版(アテコレ イ・ビョンホンの声)
‘04年「誰にでも秘密がある」日本語吹替版(アテコレ イ・ビョンホンの声)
‘06年「ひまわり」(アテコレ イ・ビョンホンの声)
‘07年「夏物語」(アテコレ イ・ビョンホンの声)
‘10年「GOOD BAD WEIRD」(アテコレ イ・ビョンホンの声)
‘11年「悪魔を見た」(アテレコ イ・ビョンホンの声)


【ナレーション】
‘98年「真夜中の王国/BOOWY 特集」
‘98年「KYOUSUKE HIMURA FILM The one night stands」
‘05年「世界最高の料理の巨人」
‘05年「真夜中のピアニスト」予告編(TVスポット)
‘06年「夢駆ける馬ドリーマー」予告編(TV・劇場スポット)
‘07年「砂漠は生きている」
‘09年「トワイライト~初恋~」(TV・劇場スポット)
‘09年「アバン・ココ・シャネル」(TV・劇場スポット)
‘09年「愛を読む人」(TV・劇場スポット)
‘09年「ニュームーン/トワイライト・サーガ」(TV・劇場スポット)
‘10年「プレシャス」(TV・劇場スポット)
‘10年「インプレッション」(TV・劇場スポット)
‘10・11年「エクリプス/トワイライト・サーガ」(TV・劇場スポット)
‘11年BSドキュメント「中国“小皇帝たちの孤独”」(NHKBShi)
‘11年「アイリス THE LAST」(TV・劇場スポット)
‘11年「ザ・タウン」(TV・劇場スポット)
‘11年「ゲーテの恋 君に捧ぐ若きウエルテルの悩み」(TV・劇場スポット)
‘11年「CO 移植コーディネーター」(番組PRナレーション)
‘11年「悪魔を見た」(TV・劇場スポット)
‘11・12年「コンティジョン」(TV・劇場スポット)
‘11・12年「トワイライト・サーガ ブレイキングドーン」(TV・劇場スポット)
‘11・12年「るろうに剣心」(TV・劇場スポット)
‘11~13年「華麗なるギャッツビー」(TV・劇場スポット)
‘11・12年「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(TV・劇場スポット)
‘12年「ゼロ・ダーク・サーティ」(TV・劇場スポット)
‘12年「TIME」(TV・劇場スポット)
‘12年「王になった男」(TV・劇場スポット)
‘13年「ウルヴァリン」(TV・劇場スポット)
‘13年「GOOD BAD WEIRD」(TV・劇場スポット)
‘13年「エリジウム」


【ラジオドラマ】
‘04年「赤と黒」(NHKFM)
‘08年青春アドベンチャー「ラジオ・キラー」(NHKFM)
‘09年FMシアター「これが私の歌う道」(NHKFM)
‘10年FMシアター「人らしく生きられるように」(NHKFM)
‘10年青春アドベンチャー「ヘンツィオ伯爵」(NHKFM)
‘11年FMシアター「飛ばせハイウェイ」(NHKFM)


【朗読】
‘08年「国語教科書」(教育出版社)
‘09年「作家が綴る心の手紙」(平凡の友)
‘10年文学のしずく「人間失格・富岳百景」(NHK出版)
‘10年「ききみみ名作文庫シリーズ 宮澤賢治全集」


【CM】
‘05年オリックス生命保険「ダイレクト定期保険 朝の歓び篇/フィットダブル大地の恵み篇」
 

ARTIST FILE|アーティストファイル

高橋 和也

Shot of Works

高橋 和也「イリアス」 ©落合高仁

「イリアス」 ©落合高仁

高橋 和也「イリアス」 ©落合高仁

「戦国疾風伝 二人の軍師」

高橋 和也「イリアス」 ©落合高仁

ピアフ

高橋 和也「イリアス」 ©落合高仁

「ジンクス!!」

高橋 和也「イリアス」 ©落合高仁

オーファンズ